運動不足の解消の前に、だるい、関節の痛み、疲れ易い、の解消を

記事画像_運動不足の解消の前に、だるい、関節の痛み、疲れ易い、の解消を

「運動不足は、身体に良くない」と、言われます。
でも、食事や睡眠とは違って、運動不足が直接の原因となって、命を落とす事はありませんし、「運動をしないと、生きていけない」と言う訳でもありません。
この為、「元気でいるし、それほど問題ないだろう…」と思って、自分で自分を納得させてしまいます。




【 運動不足で、なぜ悪い? 】

しかし実際には、運動不足を続けていると、次第に、身体全体に、倦怠感やダルサ、そして身体に痛みなどが、引き起こされます。
これは、血液やリンパ液を流している、筋肉のポンプ作用が弱るので、身体に有害な老廃物が、溜まり易くなるからです。
更に、脳は、酸素不足に極めて弱い組織なので、血行が悪くなると酸素不足から、思考力低下や頭痛など以外にも、身体をコントロールしている機能が低下し、疲れや倦怠感、ダルサなどの、症状が強まります。


そして、首・肩・腰・膝などの関節に、痛みが起き易くなります。
関節を動かす、筋肉や靭帯の柔軟性が無くなるので、伸縮範囲が狭まって、チョットした動きでも、思わず「アイタタッ!」と、痛みが起き易くなるからです。
しかも、筋力も弱ってくると、とっさの時の『瞬発力』や、体力の元になる『持久力』も低下するので、関節の安定性が無くなって、痛みを誘発します。


また、運動不足から、身体の姿勢を維持する筋力が衰えてくると、姿勢の悪化につながります。
姿勢の悪化は、血行の悪化にもなるので、体内に疲労物質が溜まり易くなって、「すぐに疲れる」、「疲れが取れない」といった症状の原因になります。
しかも、肩や腰などの負荷が増すので、毎日、身体を動かすたびに、“ジクジクと痛みのある生活”となり、ストレスを感じる日々になってしまいます。




【 例えば 】

☑ 上の階に行く時に、ほとんどエレベーターやエスカレーターを使う
☑ 身体を動かすのが、億劫に感じる
☑ 夕方や夜に、1疲れを感じ易い
☑ 階段を少し上っただけでも、息が切れて疲れる
☑ 休みの日は家でゴロゴロしていたい
☑ しばらく体重を測っていない
☑ ちょっとした距離を歩かないといけないと、うんざりしてしまう
☑ 運動する時間がとれない
☑ 疲れやすい




【 運動不足の原因 】

ところが、運動不足が続くと、「身体が重い」、「疲労が抜けない」、「凝りを感じて、だるい」、「運動が億劫」、などが生じるので、今度は、ますます運動をする気になれなくなります。
中でも、運動を行いづらくさせている原因として、身体の『運動機能の低下』があります。
身体を動かさない日にちが経つうちに、身体が硬くなってしまい、「思うように身体が動かない」、といった状態になるからです。


もう一つの原因として、仕事や家庭環境、友人関係などのストレスから、『運動の気力低下』を起こしている場合です。
運動をしようと思っても、「身体の調子が悪いから動けない」とか、「身体がすぐに疲れてしまう」、「面倒」という気持ちが先だって、運動を避けてしまうからです。
このような状態になると、身体を動かすと、痛みや不快を感じる神経が敏感になるので、余計に『運動の気力低下』が強まります。


更に、運動不足の原因として、『適度な運動の目安の難しさ』の問題もあります。
特に、中高年以降になると、若い頃と同じ感覚や、他の人との競争意識が大きくなると、身体への負荷が強まって、逆効果になったり、後で体調不良を引き起こしたりします。
運動の負荷を上げれば、短時間で効果を上げられますが、健康の維持には、適度な運動を継続的に行う事が大切なので、身体の状態を、事前にキチンと把握する事が大切です。




【 運動の前に、まずは、身体の準備を 】

毎日の生活の中で起きる、身体の疲れ易さや痛みなどは、悪くなっていた部分の自己治癒が、追いつかずに起きます。
この為、「だるい」、「関節の痛み」、「疲れ易い」などの症状は、身体の異常を知らせる警告と言えます。
特に運動は、『身体に負荷をかける事』なので、身体に、不調や、不快感、痛みなどがある場合は、運動をする前に、それらを先だって解消させておく事が必要です。


このような効果から、運動不足になっている人にとって、マッサージ治療で身体の準備をしておくと、心身の運動機能を高める意味で、大きな効果となります。
例えば、運動の要となる、脚の筋肉の緊張をほぐすと、ふくらはぎの筋肉が「第2の心臓」と呼ばれるように、脚の血液を心臓に送り返す働きが促進されるので、身体の循環が改善され、気分的にもスッキリしてきます。
狭まっている関節可動域を改善させ、血行を促進させて、運動が行い易くなるからです。


特に、長時間のデスクワークで、筋肉の柔軟性を失っていたり、加齢で、身体の歪みや関節の硬直が起きていたりしている場合は、マッサージ治療が勧められます。
身体の状態を診断しながら、体調改善を行うので、栄養や酸素を、身体の隅々まで確実に運ぶ血流改善と、不要となった老廃物を排出を促進させるからです。
しかも、身体のダルサや疲労感を、解消させ、精神的にもリフレッシュします。


マッサージ治療は、その効果から、今では、スポーツやリハビリでも活用されています。
当院では、血流改善と神経機能の回復を促し、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労を除去する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。




(HP) http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/

ファミリー治療院
投稿日:2019年01月12日