デスクワークの疲労感やイライラと、積極的休養法

記事画像_デスクワークの疲労感やイライラと、積極的休養法

【 デスクワークの疲労やイライラ 】

デスクワークを続けているうちに、「身体がダルク」なったり、「気分がイライラ」したりする、と答えた人が、9割近くにもなっています。
マメに休憩したり、軽い運動をしたりすれば良いのですが、仕事の連続性や時間の制約などから、なかなかできません。
気持のゆとりが無くなって、顔の筋肉が緊張して、表情が硬くなったり、笑顔が少なくなったりしてくると、職場の人間関係も、ギクシャクしてしまいます。


デスクワークで、疲労が起きる原因として、身体の筋肉が、絶えず緊張し続ける事があります。
血行が悪くなるので、疲労物質の排出が進まず、身体の中に蓄積されて、時間と共に疲労が増すようになります。
特に、下半身には、全身の血液の約70%が集まるので、下半身の筋肉を動かさないでいると、全身の血行を悪化させてしまい、身体を疲れさせる大きな原因になります。


また、脳が、長時間の緊張状態を強いられる事も、疲労感が強まる原因になります。
中枢性疲労と呼ばれ、緊張させる神経が働き続けるようになると、調整能力が無くなり、心身を休める神経が機能しなくなるからです。
身体を休めても、精神的にリラックスさせる働きが失われてしまい、頭の中に、疲労感や緊張感が蓄積され、ダルサやイライラ感などが、解消されなくなります。


この結果、「以前は一晩寝たら疲れがとれたのに、最近は、いつまでも後を引く」と、思うようになります。
他にも、「チョッとした事で疲れ易くなった」、「夕方になると疲れがドッと出る」など、これまでと違う疲労を感じるようになります。
これは、身体を休めるだけでは、脳がリフレッシュされないので、かえって“疲労感”が蓄積されてしまう為です。


【 積極的休養 】

通常、「疲れている時は、休めばいい」と思って、睡眠や入浴、家でのごろ寝などで、疲労を回復させようと思います。
しかし、脳の疲れを伴って、身体に不調が出ている場合には、休息や睡眠だけでは不充分です。
むしろ、軽い運動をする事によって、身体の疲労物質を早く除去し、また、脳内物質の分泌を促して、気持ちを落ち着けさせ、心身をリラックスさせる事が必要です。


例えば、デスクワークでの疲れは、駆けずり回って疲れたというよりも、「なんとなく倦怠感がある」、「身体がこわばって石のように重い」と、感じます。
これは、職場や取引先などで、精神的な緊張状態や人間関係のストレスから、血行が悪くなる事で、老廃物がスムーズに排出されず、身体の中に溜まってしまうからです。
この為、運動を行って、全身の血行を促し、身体に溜まった老廃物を取り除き、更に、脳や身体に酸素や栄養が行き渡るようにして、心身のリフレッシュが図る事が、ポイントになります。


このような心身の疲労回復法として、『積極的休養』という方法が、紹介されるようになってきました。
この方法は、既に、スポーツ界では取り入れられており、クールダウン(整理運動)が、その代表です。
疲れている時に、あえて、身体を軽く動かして、血液循環を促し、疲労回復を早める休息方法です。


この疲労回復法が、座り仕事の多いサラリーマンやOLに、応用されています。
これは、デスクワークで身体の一部の筋肉を酷使する事が、スポーツで身体を酷使するのと似ているからです。
しかも、疲れのメカニズムも、スポーツも、デスクワークも、同じなので、全身の血行を良くする事によって、身体の疲労回復を早め、精神的な疲労も取り除く事にも、役立ちます。


【 身体のメンテナンス 】

しかし、疲労が、あまりに強まると、首や肩を廻したり、胸や背中のストレッチングをしたり、両手を挙げて伸びなどをしたりしても、なかなかスッキリしません。
また、長時間の緊張感から、感情を喪失したような状態が続くと、リラックス感が回復しなかったり、再び身体に、疲労や緊張が戻ったりします。
これは、身体の疲労や緊張が強まると、柔軟性が回復しづらくなり、自分では気が付かない所で、身体の血行が悪くなっている為です。


このような、ストレッチでは、ほぐれなくなったような、硬くなった筋肉や、疲労感・緊張感などを、解消させる手段として、マッサージ治療が有効です。
自分では解消しづらい筋肉の硬直をほぐし、それによって、筋肉の血管を刺激し、血行を高める効果があるからです。
特に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療は、即効性があるので、痛みや凝り、ストレスを解消したいデスクワーカーに適しています。


特に、「何となく、ダルサや疲れがある」、「身体が、固まっている」、などを感じた時には最適です。
神経の緊張や興奮を鎮め、リラックス効果を及ぼし、癒し効果によるストレス軽減の効果も、期待できます。
また、身体のメンテナンスとして、マッサージ治療を定期的に利用すると、体調管理になります。


デスクワークの疲労やイライラが増したときには、身体のメンテナンスが必要です。
当院は、筋肉や靭帯などのストレスや過緊張を解き、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。


(HP) http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/

ファミリー治療院
投稿日:2018年07月21日