慢性 の ズキズキとする痛み ( 疼痛 )

記事画像_慢性 の ズキズキとする痛み ( 疼痛 )

【 コリが、シコリに 】

慢性的なコリに悩まされると、不快感が長引くだけでなく、強くコリを発するコワバリが筋肉の中にできて、余計に不快感を増す事があります。
ズキズキとしたようなウズク痛みが、絶えず起き、チョットした疲労でも敏感になり、その箇所から、ダルサや疲労感を強く感じます。
この為、「肩が、いつも重ダルイ」とか、「肩甲骨の内側が、いつもズキズキとする」、「背中がスグ疲れて、痛み出す」、「ダルクなって、気力がわかない」、などが起きてきます。


この症状は、コリが長期化して、筋肉の内部にシコリができた為です。
シコリができた事で、筋肉内部の血行が極度に悪化し、神経が“過敏”となり、痛みの感覚が、絶えず放散される状態になります。
チョッと、シコリを押しただけでも、ジーンとした痛みや、あるいは、「痛いけれども気持良い」といった、特有の感覚がします。


また、シコリができた事で、症状が慢性化し、いつまでも痛みが取れなくなります。
『痛みの悪循環』が、起き易くなる為です。
「痛み → 筋肉の緊張 →  血行悪化 → 酸素や栄養の不足、老廃物の蓄積 → 痛み」と、悪循環を繰り返すからです。


この症状は、肩こりや腰痛が気になっていても、「あえて治療をするほどでもないかな…」と思って、そのままにしていた人に、多く起きます。
例えば、長時間のパソコン作業や、デスクワークなどによって、慢性的な肩こりを抱えていたり、タクシーやトラックの運転などで、ずうっと座り続けて、いつも腰にダルサや痛みを感じていたりする場合です。
これは、長時間、同じ姿勢を続けて、特定の筋肉に負荷をかけ続けると、その部分の血行を極度に悪化させてしまい、筋肉がコワバリ、痛みを絶えず発するシコリができてしまうからです。


【 痛みだけでなく 】

また、シコリができると、“骨の並びを歪ませる”事があります。
筋肉のコワバリから、付着している骨を、一方向に引っ張ってしまう為です。
特に、体重や姿勢の負荷が絶えずかかる、背骨や骨盤の関節付近に、起き易くなります。


最初は、重ダルサや疼きを感じる程度ですが、次第に、その箇所を、曲げたり伸ばしたりすると、動きづらくなったり、ジーンとした違和感や痛みが起きたりします。
そして、関節面の滑らかさが無くなると、動くと、ゴリゴリとこすれる音がします。
更に、関節の柔軟性が無くなって、硬直した状態になると、何気ないキッカケで、背部痛やギックリ腰、寝違いなどが、起き易くなります。


また、精神的にも、不快な痛みから、「仕事に専念できない」、「気が滅入る」、「イライラする」、などが起きます。
絶えず、痛みの信号を送り続けるからです。
仕事や家事で、支障をきたすほどではなくても、不快感が増し、集中力や意欲を減退させます。


更に、自律神経の働きにも影響を与えて、「内臓の調子が悪い」、「頭がボーっとする」、「手足が冷える」、「微熱がある」、「全身がだるい」などを、引き起こす事があります。
例えば、頭痛、首こり、肩こり、腰痛などが慢性化して、筋肉内にシコリができた場合です。
これは、首や背骨の間から、自律神経が出ているので、この付近にシコリができて、絶え間ない不快な痛みが続くと、自律神経の正常な働きを阻害してしまうからです。


【 シコリの解消 】

このような症状は、医院で、画像診断や血液検査をしても、確認ができません。
筋肉の硬縮や、神経の過敏状態が、原因になっているからです。
また、不快な痛みを和らげようとしても、皮膚の表面に張る湿布薬や、痛み止めの薬では、筋肉内部の異常が原因になっているので、効果がありません。


このような症状を解消させるには、トリガーポイント(発痛点)治療と呼ばれる、治療法が適しています。
この治療法は、表層の筋肉から深部の筋肉へと、硬化している筋肉繊維を、元に戻し、血行や筋肉の働きを回復させる方法です。
問診と触診で確認しながら、異常を起こしている筋線維を軟化させ、症状を解消させていきます。


日本では、東洋医療で行っている診断法や治療法が、活用されています。
不快な痛みを起こしている箇所の多く(約8割)が、ツボ(経穴)と一致している為です。
しかも、筋肉の異常には、ツボ治療を得意とする、東洋医療系のマッサージ治療が適している為です。


更に、東洋医療系のマッサージ治療は、血流やリンパの流れの回復過程や、筋肉のコワバリや神経状態の回復過程が、安心して実感できる特徴があります。
これによって、「痛みの根っこは、そこ!」と、患者も治療箇所が納得でき、「痛いけれども、気持ち良い」と、不快な違和感や痛みが減少してくるのが、理解できます。


ツボ反応を利用しながら、刺激の仕方や刺激量を調整すると、患者の痛みの負担が、最小限に済みます。
当院は、トリガーポイント治療を取り入れ、慢性的な不快な痛みの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、[メール]、または[電話]でも、お受けしています。


(HP) http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/

ファミリー治療院
投稿日:2018年04月14日