薬に頼らない、緊張型頭痛の解消法

記事画像_薬に頼らない、緊張型頭痛の解消法

緊張型頭痛は、肩凝りから起きる事が多いので、“肩こり頭痛”とも、言われています。
これは、疲労やストレスで、肩から首にかけての筋肉が緊張すると、血行が悪化し、老廃物が神経を刺激する為です。
頭痛のうち、60~70%がこのタイプで、日本人に一番多い頭痛になっています。


痛みは、身体に何らかの異常や異変が、生じているからです。
緊張型頭痛の場合も、脳の働きが、正常にできなくなって、「考え方がまとまらない」、「集中できない」、「判断できない」、「頭が回転しない」、などの障害が現れます。
頭痛は、首や肩といった、脳への血液ルートの緊張から、血行不良が起きているので、脳が危険を感じ、血液を送るようにサインを出したものです。


我慢していると、更に、頭痛が繰り返したり、痛みが増して、寝込むほどの重い頭痛になったりします。
これは、我慢によって、首や肩の緊張が続くだけでなく、痛みによって、ますます血行が悪化する為です。
また、痛みを感じる神経が敏感になってしまうので、少しの疲労や緊張でも、頭痛が高まります。


緊張型頭痛の解消に、医院に行くと、通常、痛みを和らげる「鎮痛」、炎症等の「消炎」、そして「筋肉の緊張の緩和」する薬などが、処方されます。
しかし、薬によって、一時的に痛みを抑えられますが、根本原因(身体の疲労や緊張)は、取り除いてはくれません。
この為、薬を飲んでも、凝りやストレスを強く感じると、神経の反応が増して、疼くような痛みや、ピリピリとした痛みが、再び起きたり、強まったりします。


また、仕事や家事に追われたり、忙しく毎日を送ったりしていると、どうしても、身体に力が入り、気付かないうちに、筋肉の硬直や、血行の悪化が起きます。
これらで、ストレスを感じたり、睡眠が不規則になったりすると、余計に、血行不良が起き易くなります。
頭痛が起きるのを防ぐ為に、薬を服用していると、今度は、薬物乱用頭痛という、別の頭痛に襲われる事にもなりかねません。


緊張型頭痛には、やはり、血管の中を、スムーズに血液が流れるようにする事が必要です。
薬を服用するだけでは、解消しません。
自分に合ったリラックス法を、実践する事が必要になります。


しかし、痛みや疼きが慢性化していると、生活上の改善を意識したり、ストレッチを行ったりしても、なかなか、改善効果が現れません。
これは、問題を起こしている患部が、硬いシコリで包まれた状態になると、局所的対応が必要になる為です。
また、後頭部に続いている背中の筋肉が、“隠れた原因”になっていると、首を廻したり、肩周辺を動かしたりしても、すぐに、ぶり返してしまいます。


このような場合には、やはり、専門家に診てもらい、治療を受けた方が、適確で、即効性があります。
例えば、東洋医療に基づいたマッサージ治療は、触診で患部を特定して、直接、刺激を行います。
これによって、患部の筋肉を和らげて、血行を回復させ、老廃物や疲労物質の、排出効果を高くさせます。


また、血流を改善するツボを刺激や、特殊な運動法を取り入れて、筋肉の柔軟性や血行の回復を早めます。
これによって、神経を刺激している、首や肩の“こり”を、効果的に解消させたり、筋肉を引き伸ばしたりします。
即効性があるので、患者も、その場で、筋肉が緩み、痛みが軽減してくるのを、実感できます。


緊張型頭痛が繰り返される場合は、筋肉内にある硬いシコリや凝りを、解消させる事が必要です。
当院は、マッサージを利用した治療で、神経や血管を圧迫している緊張を解消し、長引く痛みの回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、[メール]、または[電話]でも、お受けしています。


(HP) http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/

ファミリー治療院
投稿日:2018年01月17日