症例紹介『妊娠中の、妊婦さんのお尻の痛み』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介『妊娠中の、妊婦さんのお尻の痛み』

妊娠して数ヶ月すると、立とうとした時や歩いている時に、お尻からジンジンと疼くような痛みや、ビリッとしたシビレが起きたり、あるいは、ピリピリとしたシビレが起きて、その瞬間、脚を動かせなくなり、後にジーンとした痛みが残ったりする事があります。

これは、妊娠すると、体重が増したり、腰やお尻にウエイトをかけた姿勢になったり、骨盤の靭帯が緩んだりする為に、気付かないうちにお尻の筋肉が硬くコワバッタ状態になるので、動作時に、奥の坐骨神経を圧迫して、刺激した為です。

お腹が大きくなるにつれて、坐骨神経への圧迫が強まる事が予想されるので、お尻の筋肉の過緊張を緩めて不快な痛みやシビレを無くし、それと共に体調を整え、出産に向けて、身体の負担の少ないマタニティライフにする事が大切です。

続きは、『妊娠中の、妊婦さんのお尻の痛み( https://family-tiryouin.com/190612 )』を、検索してご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2022年09月21日