こどもの肘が抜けた時の対応

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_こどもの肘が抜けた時の対応

腕を引っ張られて肘が抜けたとの
お子様の来院がありました。

信号待ちの際に飛び出そうとした子供が、
お母さんに腕を引っ張られたり、
友達と遊んでいたときに引っ張られたりと原因は様々です。

これは小児肘内障と言われ、2歳~4歳が好発年齢ですが
小学生でもなる可能性があります。

また、何度も抜けるお子様もいますが、
成長と共に抜けなくなりますので心配しないでください。

整復は容易ですが、骨折との鑑別が必要です。

当院ではエコー観察装置で必ずJサインの存在を確認してから整復に入るようにしています。

整復後は安心感の為に湿布と網包帯をするようにしています。
もちろん、湿布は薬剤の入っていないタイプ。

肘内障は整復は簡単ですが、
必ず病院か鑑別が出来る整骨院にお越しく頂くと安全です。

わかば整骨院
投稿日:2022年06月23日