症例紹介『気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介『気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下』

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、寒くなってくる季節や、天気が悪化して冷えてくると、「寒い」とか「冷たい」という感覚が強く刺激されて、身体に「痛み」を感じる事があります。

よく言われるのが、「寒かったり、冷えたりすると、膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛い」、「梅雨時になると、古傷がシクシク痛む」、「天気が悪くなって、雨や曇りになると、身体の節々(ふしぶし)が痛む」、などです。

特に、身体に不調があると、筋肉の働きが低下して血液の循環が悪くなってくるので、神経が敏感に反応して、このような「痛み」を感じ易くなるので、対策には、筋肉の柔軟性や血行を改善させて、身体の調子を保つ自律神経の働きを維持する事が大切です。

続きは、『気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下( https://family-tiryouin.com/190626-2 )』を、検索してご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2021年12月08日