症例紹介 『事故・転倒・つまずきなどによる、むち打ち症』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介 『事故・転倒・つまずきなどによる、むち打ち症』

むち打ち症と聞くと、自動車に乗っていて、後ろから追突された事故を思い浮かべますが、自動車事故以外にも、衝撃を受けて、頭が大きく振られた時に、むち打ち症を起こす事があります。

多いのが、階段での踏み外し、歩いていてつまずく、不意に後ろから押される、スポーツでの尻もち、自転車からの転倒などで、首を後ろにガクンッと曲げた瞬間に、首周囲の筋肉や靱帯、神経や血管などを傷めた場合です。

ほとんどの痛みは1~3ヵ月で消えますが、首の痛みが長引いたり、不快な症状に悩まされたりする場合は、「血管や筋肉の緊張」や「血行の悪化」などで、「神経が過敏状態」になっている事が考えられるので、ツボ治療を併用したマッサージ治療を利用して、血行とリンパの流れを回復させ、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、改善効果があります。

続きは、『事故・転倒・つまずきなどによる、むち打ち症と治療法( https://family-tiryouin.com/191026-2 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2021年06月16日