症例紹介 『四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介 『四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)』

五十肩の治療で、最初の頃の、「肩を動かすと激痛が走る」、「夜も眠れないほど痛む」などの、非常に強い痛みが和らいでくると、病院の治療方針は、安静を保つ事から、肩関節の動きを取り戻す事と痛みを軽減していく為に、リハビリ治療(運動療法)に移っていきます。

しかし、まだ、痛みによる身体の無意識の防御反応から、肩や背中の筋肉の緊張が続き、それによって血行不良も続くので、神経の過敏状態が解消せず、「治りかけては、再び痛みがぶり返す…」、という繰り返しになります。

この為、過敏になっている神経を和らげて不快な痛みを軽減したり、コワバリ解消によってリハビリ治療を効果的に導いたりする為に、マッサージ治療を利用すると、痛みを起こす原因となっている筋肉の柔軟性回復や、内部の血行を増進させるなどによって、五十肩治療の効果を高められます。

続きは、『四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない?( https://family-tiryouin.com/190918-2 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2021年05月08日