症例紹介『ズキズキと疼(うず)くような、慢性的な凝りや痛み』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介『ズキズキと疼(うず)くような、慢性的な凝りや痛み』

頭痛、肩こり、腰痛などの慢性的な痛みに悩まされていると、痛みを感じる筋肉の内側に、ゴリゴリとした硬い硬結(シコリ)のようなものができている事に、気付かされます。

この硬結(シコリ)の中から、ズキズキと疼くような痛みや、ダルサ、疲労感などが、発生して広まっていくので、いつまでも筋肉の緊張が続いて血流が悪化し、神経を刺激して、不快な凝りや痛みに悩まされ続ける事になります。

このような、慢性的な凝りや痛みを解消するには、不快な痛みを発している神経の興奮を鎮める事が必要になるので、筋肉のコワバリを解消させ、血液やリンパ液の流れを回復させるだけでなく、不快な痛みを和らげるツボ治療を加えたマッサージ治療が、効果があります。

続きは、『ズキズキと、疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み( https://family-tiryouin.com/190911-2 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2021年05月01日