症例紹介 『土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎)』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介 『土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎)』

『足底腱膜炎(または足底筋膜炎)』は、足の裏が痛くなる疾患で、痛みの特徴として「歩き始めの1歩目に、足裏にズキンと激痛が走る」、あるいは、「起床時の歩き出し時に、足裏に痛みが生じる」があり、軽症の頃ならば、歩いているうちに痛みが次第に無くなりますが、重症化すると、痛みで歩けなくなります。

痛みの原因は、多くが、繰り返し足裏に負荷がかかったり、脚の筋肉の働きの低下で足裏に負荷が増したりした為なので、痛みを解消させるには、足底腱膜とふくらはぎの筋肉の柔軟性を回復させ、そして、下半身の緊張や疲労を解消させて、足裏への負荷を減らす事が必要です。

このような治療に、もともと筋肉の不調解消を得意としてきたマッサージ治療を利用すると、痛みの改善だけでなく、足裏にかかる負荷を減らす為に足腰のバランスを整える事も行うので、治療期間を短縮し、再発防止の効果もあります。

続きは、『土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎)( https://family-tiryouin.com/190629 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2021年02月17日