症例紹介『夏バテ(冬バテ)、熱中症(冬の熱中症)の前触れ?』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介『夏バテ(冬バテ)、熱中症(冬の熱中症)の前触れ?』

夏が近づくと、蒸し暑さとクーラーの冷えで、体温調節している自律神経が乱れて『夏バテ』が起きたり、だんだんと身体の水分が失われて『熱中症』が起きたりします。

しかし冬も、四季の中で最も寒暖差が大きいので、自律神経の乱れから『冬バテ』が起きたり、大気の乾燥や水分摂取が少ないので身体の水分が失われて、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きたりします。

これらは、発汗や体温を保つ自律神経の、酷使や疲労が原因になっているので、「何となく疲れ易い」、「身体の不調が続く」などに気付いたら、体調改善のマッサージ治療を受けると、『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』の予防にに効果的です。

続きは、『夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?( https://family-tiryouin.com/200122 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2020年11月14日