症例紹介 『背中の疲労と凝り(こり)』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介 『背中の疲労と凝り(こり)』

デスクワークで、毎日長時間、ずっと同じ姿勢で作業を続けていると、首や肩だけでなく、背中の筋肉も、次第に重たく感じるようになり、そして、ジクジクとした不快な痛みも出てきます。

肩甲骨の付近の筋肉のコワバリから、『さびつき肩甲骨』や『ゴリゴリ音』が起きてくると、「慢性的な疲労感」、「しつこくて、強い凝り感」、「ズキズキとする痛み」などで、絶えず悩まされるようになります。

解消させるには、肩甲骨の周りの筋肉の“コワバリ”と、内部にできた“シコリ”をチェックして、回復させていく事が必要になるので、不調時に現れる反応点を活用する東洋医療系のマッサージ治療が、安全で、効果的です。

続きは、『背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音( https://family-tiryouin.com/191023 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2020年08月15日