症例紹介 『汗かき、暑がりと、お腹の冷え(内臓型冷え性)』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介 『汗かき、暑がりと、お腹の冷え(内臓型冷え性)』

太って、メタボ気味の人の中に、チョット動いただけでも汗をかいたり、暖かい食べ物を食べると、激辛を食べたように、額に大汗をかいたりする人がいます。

ところが、一見、汗かきや暑がりのようであっても、寒さに敏感で、涼しい所にしばらくいると、全身がぞくぞくするような寒さ感じを強く感じたり、お腹が冷えて痛くなったりする『内臓型冷え性』のケースがあります。

内臓の冷えで、体温調節や身体の水分排出がうまくいかなくなっている為で、これ以外にも、身体の不調に悩まされる場合は、昔から血行や体調の改善を行っている、東洋医療系のマッサージ治療が、改善に効果があります。

続きは、『汗かき、暑がりと、お腹の冷え(内臓型冷え性)( https://family-tiryouin.com/191012-2 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2020年08月05日