症例紹介『中高年以降のこむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介『中高年以降のこむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策』

若い頃、“こむら返り”が起きても、急激に走った時や運動で疲れた夜ぐらいだったのが、中高年以降になると、特に思い当たるような事をしていなくても、突然起きたり、しかも、繰り返したりします。

よくある例が、「身体が疲れていると、チョッとした事で“こむら返り”が起きそうになる」、「“こむら返り”が、なかなか解消しないで長引く」、「“こむら返り”が終わっても、痛んだ違和感が残る」、などです。

中高年以降の“こむら返り”は、一時的な疲れや精神的なストレスだけでなく、身体の不調も原因になっているので、身体からの警告として、身体の柔軟性や血行を改善させて、体調をバランス良く整える事が大切です。

続きは、『中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策( https://family-tiryouin.com/190824 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2020年06月17日