症例紹介『喉(のど)の、こり(コワバリ、つまり、息苦しさ)』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介『喉(のど)の、こり(コワバリ、つまり、息苦しさ)』

喉の凝りによって、首の前のコワバリ感や、つまり感、息苦しさ、などを感じる事があります。

これは、喉を横切って、伸びている筋肉で、『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』と呼ばれる、硬く厚みのある筋肉の凝りが、大きく影響しています。

胸鎖乳突筋は硬く厚みのある筋肉ですが、首の筋肉は薄く浅く、内側には太い動静脈や、重要な神経が通っているので、無理をしないように、丁寧に、凝りを解消していく事が大切です。

続きは、『喉(のど)の、こり(首の前のコワバリ、つまり感、息苦しさ)( https://family-tiryouin.com/190703 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2020年04月25日