症例紹介 『気候の寒さや冷房による、関節の痛みと動きの低下』

キーワード:整体、マッサージはこんな時に利用すべき
記事画像_症例紹介 『気候の寒さや冷房による、関節の痛みと動きの低下』

「寒かったり、冷えたりすると、膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」、「雨の日は頭が痛くなる」、「梅雨時に古傷がシクシク痛む」など、天気が悪くなると痛みが起きる事があります。

これは、寒さへの感受性が大きいと、「冷たい」という刺激が、「痛い」という感覚に変わるからです。

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、寒くなると、これがキッカケになって起き易くなっていますが、筋肉の働きが低下し、血液循環が低下していると、更に起き易くなり、悪化させるので、普段から、筋肉の柔軟性や血行を保ち、体調を保つ自律神経の働きを維持しておく事が必要です。

続きは、『気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下( https://family-tiryouin.com/190626-2 )』を、クリックしてご覧下さい。

ファミリー治療院
投稿日:2020年04月18日